ウェアラブル心拍センサ

右:ウェアラブル心拍センサ WHS-1
左:USB受信機 RRD-1

特長

小型・軽量の心拍センサで、あらゆる場面で生体データを計測できます。
PCに接続したUSB受信機に、無線でデータを送信する「無線モード」と、センサ内部のメモリにデータを保存する「メモリモード」の2モードを搭載しており、使用環境に合わせてご使用いただけます。
心臓に流れる電気信号を直接拾うことで、高精度に心拍周期(R-R Interval)を検出します。
単体販売のWHS-1を追加することによって、一つのUSB受信機で最大10台まで同時計測が可能です。

対象・用途

・生体情報を使用した研究に従事している方
・生体情報を健康管理・指導に活用したい方
・トレーニング・スポーツで生体データを活用したい方

仕様

計測機能 心拍(波形、周期、数)/ 体表温 / 3軸加速度
測定モード 無線/メモリ
電池寿命 最大8日間(測定モードによる)
メモリ容量 連続7日間(心拍数60拍/分のとき)
電源 コイン形リチウムイオン電池CR2032 ×1個
寸法/質量(縦×横×厚み) WHS-1: 40.8×37.0×8.9mm / 13g
RRD-1: 21.5×4.5×9.0mm / 7g
無線機能 2.4GHz帯高度化小電力データ通信システム
独自通信プロトコル採用、到達距離直線約20m
その他 付属の防滴ジャケットを用いてIPX2相当

消費者庁よりボタン電池の取り扱いに関する注意喚起が出ています。詳細はこちらをご確認ください。

よくあるご質問

製品カタログ

取扱説明書、使用方法ガイドブック

付属の標準ソフトウエア バージョンアップ情報

オプション製品

WHS-1用 防滴ジャケット

長距離通信用アンテナ RRD-2

ソフトウェア開発キット

myBeatはユニオンツール株式会社の日本における登録商標です。

PRODUCT 07 生体センサ関連製品

そのほかの製品カテゴリ

インフォメーション

お問い合わせCONTACT

カタログのダウンロードや
製品に関するお問い合わせはこちら