PEOPLE 各部署の先輩たち

製品開発2008年入社

ドリル工具の開発及び、性能評価を担当しています。また海外出向経験を活かし、海外ユーザーの対応をしています。ドリルは既に完成された工具のように思われるかもしれませんが、溝の入れ方やコーティングを施すことでその加工性能は大きく変わります。最近では加工する基板も硬いものから柔らかいものまで様々です。その特性に合わせて、組み合わせを検討しながら、まだ明らかになっていない最適な答えを探してゆく面白さがあります。

開発と評価以外にも直接お客様とのやり取りも行います。海外のお客様とのやり取りでは少しでも語学ができた方が良いと思います。ただ、人と人のやり取りなので言葉は足らずとも製品に対する熱い思いがあればコミュニケーションはできます。それが開発から携わっている強みであり、やりがいを感じるところでもあります。今後もお客様とのコミュニケーションを通じて、最新製品の加工を支える工具メーカーとしてより高性能な工具の開発と展開を進めてゆきたいです。

仕事の先には様々な人がいます。そのため、状況は常に変わり正解も変わり続けます。だから、実際に見たり聞いたりする経験を通して自分なりの答えを考え続けることが大切です。まずは、やってみましょう。その先にはスマホでの検索だけではわからないチャンスが広がっています。

ある1日の仕事内容

8:00~
始業 、メールチェック、朝礼
8:30~
前日の加工データ整理
10:00~
工具の設計、工具の試作手配
12:00~
お昼休憩
13:00~
製造現場との打ち合わせ
14:00~
穴明け機を使った加工評価対応
15:00~
海外からの問い合わせ対応や報告書作成
17:00~
時差対応者への引継ぎ
18:00~
明日の仕事の準備
19:00~
退社